旭川救命ボートのブログ

「そのまま船内に待機してください!」
いまだ、船内放送を続ける教会の現実。
沈み行くセウォル号から、勇気を持って飛び込んで下さい。
私たちは、その方達を救助する「旭川救命ボート」として立ち上がりました。

だから家庭連合の幹部たちよ目覚めよ!

ユダヤ民族はかつて「その血は我々の子孫に降りかかっても良い」と叫び、イエス様を磔(はりつけ)にした。その40年後、ユダヤ民族は実際に滅亡した。(AD73年)


亨進様の荒野路程40年が4年に短縮され、摂理の時計の針は、1/10に短縮されている。お母様が背信し、堕落したとされる偽基元節から40年に相当する4年と15日後、大韓民国滅亡のカウントダウンが始まった。3月9日の大統領罷免である。この摂理的危機を一体どのくらいの家庭連合食口が理解しているだろうか?過去の歴史では、実際に一民族が滅亡し摂理は異邦人に移っている。


ユダヤ戦争/David Robertsによる絵画(作:1850年)ユダヤ戦争 - Wikipedia


歴史は繰り返し、我々人類は再臨のキリストを不信した。再臨主を背信した民族である日韓の行く道はユダヤの歴史が物語っている。ユダヤ民族と同じ公式路程を日韓は消化し、滅亡しようとしているのだ。計らずも澤田地平氏は松濤本部前で語った。「大切な再臨主の命を守るメシアの基台が崩れた。それが結果としてお父様の命を奪う原因となった‥」人類の代表たる側近幹部が不信する事により、全人類のただの一人もお父様を信じた者はなかったという条件が成立したというのである。徳野英治氏があの病室内で、お父様からお母様へ信仰を鞍替える決断をした事も然り。側近幹部のみならず、全ての末端食口を巻き込みお父様への背信を実行したあの偽基元節。私も不信した。皆不信した。全ての統一食口が、同じ日に全世界規模で大々的に背信のセレモニーをやってのけたのが、あの偽基元節だったとは。その報いは、大艱難として今の国際情勢に見事に反映し、バビロニアにより南朝ユダが滅ぼされた如く日韓は今サタンの手に引き渡され、中国、北朝鮮から滅ぼされる危機にある。




だから家庭連合の幹部たちよ目覚めよ!


お母様を支持することは、お母様の言動全てに同意する事になる。それは即ち、お母様が語った恐ろしい言葉「お父様は原罪を持って誕生された」事に同意する事を意味する。この言葉に「真の父母は一体」を感じ取れるだろうか?立場や生活が重要だろうか?正義はないのか?今までの信仰はどうした?なぜ黙っている?なぜ声を上げない?なぜ間違っていると言えない?なぜ本当のことを言わない?なぜ自分の信仰を曲げてまで、お母様を持ち上げる?なぜ怒りの感情がわかない?どうして黙っていられるんだ?なぜお父様は無原罪でお生まれになったとはっきり言えないんだ?お父様を信じられないのか?何があなたを黙らせている?周りが怖いのか?立場か?生活か?信念を曲げてまで沈黙するほど立場が大切か?あなたに信念はないのか?それでも食口なのか?
目覚めてほしい。そして、共に戦ってほしい。


沈黙をやぶってから2年、北海道からは誰一人として幹部の方々は出て来られていない。







※数日前、残念ながら家庭連合カテゴリから強制移住させられました。悔しいです。




目を覚ましてほしいと思った方
クリックを